WordPress 引越し

今回は、2つのサイトの引越しをした。

1つは、Duplicatorというプラグインをつかってやった。もう一つは、手動でやった。
結果は、プラグインを使っておけばよかったという結果だ。

このプラグインの使い方は、検索すれば沢山でてくるが、

感動した!WordPressの引越し作業が一瞬で終わるプラグイン「Duplicator」


このサイトが詳細に書かれていたので参考にさせてもらった。

サイトがなくなると困るので簡単に記載すると、
1.プラグインインストール
2.プラグインメニューから
「Create New」を選択。「Name」には適当なファイル名を、「Notes」にはわかりやすい説明書く。
入力したら「Next」
3.下部の「Build」をクリック。
4.「Installer」「Archive」のボタンを2つともクリックして、2つのファイルをダウンロード。
5.引越し先のFTPサーバーを開き。引越し先には予めWordPressはインストールしただけの状態。
「wp-admin」と同じ階層にダウンロードした2つのファイルを設置。
6.ブラウザでinstaller.phpを開く。
ブラウザの入力枠にhttp://新規ドメインURL/installer.phpと入れればOK。
7.
(1):Connect and Remove All Data を選択
(2):Host…データベースのホスト名
(3):Name…データベース名
(4):User…ユーザー名
(5):Password…パスワード

FTPの同階層にある「wp-config.php」を開くと載っている。入力が終わったら「Test Connection」。
8.「I have read all warnings & notices」をチェックして、「Run Deployment」をクリック。
すると…エラーになる場合がある。その場合は、FTPから「wp-config.php」を削除してもう一度やる。

この手順でもう完了です。

その後、再度インストールされた方のサーバーのDuplicatorにアクセスして、ゴミを削除するクリーンをおこないます。親切です。ただ、ftpでアップした最高にデカいファイルは手動でやらないと消えなかった。

さて、手動での引越しは、このサイトであるJOY備忘録でした。
基本的には、下記の作業の手順だ。
(1)引越し元のデータをバックアップ。(フォルダ丸ごと、MySqlのバックアップ)
(2)引越し先でデータベースを作成して、MySqlデータをインポート
(3)引越し先にフォルダ丸ごとコピー
(4)wp-config.phpの中のデータベース情報を移転先のデータベースに合わせる。
※データベースの接頭辞(プリフィックス)には十分に注意すること。合わせないと大変なことになる。

手動での引越しは、半日ほどかかった。まともに動いたのは、いいが、ダッシュボードが消えてしまい作業ができない状態になった。
結局、phpMyAdminからテーブルをいじって接頭辞(プリフィックス)の誤差をなくしたら、出現するようになった。ログインしたのはいいが、管理者権限になれてなかったのだと思う。本当に大変だった。
プラグインを使ったほうがまったく楽だ。
でも、手動での引越しもなれればそんなに大変じゃないかもしれない。

MySqlへのODBC接続

MySqlへの外部からの接続は、何種類かあるようだが、まずは、ODBC接続をやってみることにした。
やっぱり、慣れているAccessで接続をしてみることにチャレンジする。
サイトを検索して、その通りにやったがうまくいかない。結果的には接続できたがその経緯を記載する。

(1)http://dev.mysql.com/downloads/connector/サイトから、Connector/ODBCへと進み、ドライバをクライアント側に入れる。
今回は、Connector/ODBC 5.3.4の32ビットと64ビットの両方をインストールした。あるサイトで、64ビットOSマシンでも、Officeが32ビットだと64ビットドライバでは接続できないという情報があったからだ。最初は、どっちでも接続できなかったが、結局32ビットドライバで動いた。(Windows10 64bitマシン)

(2) ODBC ドライバを使ってデータソースを定義(目的のデータベースサーバー上のデータに接続設定)
コントロールパネルを起動して、 管理ツール > ODBCデータソース(32bit) を選択し設定
※ここからが中々接続できなかったが、以降をやってから接続すれば可能となる。

(3)MySql側のユーザー設定
●確認
[joy@MySqlJOY]# mysql -u root -p ※MySQLにrootでログイン
Enter password: ※パスワード応答

mysql> select user,host from mysql.user; ※ユーザーの確認

img2最初は、下記の図の上の方の様に、hostの部分で外部からのアクセスが限定されていた。何も分からずに、joyで設定したユーザーは、フルアクセスになっていたようだ。たぶんそのユーザーで接続すれば、接続できたと思う。しかし、後々セキュリティ上は良くない。rootでも接続を試してみたが、接続できなかった。それは、表をみればわかるように、ローカルだけの接続設定になっていたからだ。

●ユーザーを追加設定
mysql> grant all privileges on abc.* to joy@”192.168.1.77″
->
-> identified by ‘matsumoto’ with grant option;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

上記の例は、「abc」というデータベースに、ユーザー「joy」を設定して、hostに「192.168.1.77」を追加したものになる。

そのあとの、「matsumoto」はパスワードにした。実験なので、そうしただけです。「->」のマークは、何がなんだかわからずに、エンターを押したら改行されただけである。パスワードを設定してエンターすれば、OKとなった。

再度ユーザーを確認すると、図の様に追加された事がわかる。

img1この左図のように、phpmyadminからでも、もしかするとユーザー追加で同じ処理が可能なのかもしれない。

 

※phpmyadminは、http://192.168.1.139/phpmyadmin/で接続できた。

※my.confを修正するとかのサイトがあったが、今回は必要無かったようだ。
※LinuxBeanのファイヤーウォールの設定をGUIから見ると、OFFになっていたので、ONにして、80ポート(phpmyadmin用)と、3306(初期のMySql接続ポート)を解放した。

(4)、(2)に戻り設定をして接続すると無事に接続完了

img3Testボタンをクリックすると、接続の表示がでて確認ができた。

さてと、次はアクセスとの接続だ。

phpMyAdmin初期設定

root@MySqlJOY:~# mysql_secure_installation

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MySQL to secure it, we’ll need the current
password for the root user. If you’ve just installed MySQL, and
you haven’t set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

●エンターを押す
Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on…

Setting the root password ensures that nobody can log into the MySQL
root user without the proper authorisation.

●ルートのパスワードを入力
Set root password? [Y/n] y
New password:
Re-enter new password:
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
… Success!
By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them. This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother. You should remove them before moving into a
production environment.

●匿名ユーザーの削除
Remove anonymous users? [Y/n] y
… Success!

Normally, root should only be allowed to connect from ‘localhost’. This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

●リモートのルートログインの無効
Disallow root login remotely? [Y/n] y
… Success!

By default, MySQL comes with a database named ‘test’ that anyone can
access. This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

●テストデータベースの削除
Remove test database and access to it? [Y/n] y
– Dropping test database…
ERROR 1008 (HY000) at line 1: Can’t drop database ‘test’; database doesn’t exist
… Failed! Not critical, keep moving…
– Removing privileges on test database…
… Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

● 特権情報リロード
Reload privilege tables now? [Y/n] y
… Success!

Cleaning up…

All done! If you’ve completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!
●root で接続確認
root@MySqlJOY:~# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 73
Server version: 5.5.46-0ubuntu0.14.04.2 (Ubuntu)

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type ‘help;’ or ‘\h’ for help. Type ‘\c’ to clear the current input statement.

●ユーザ一覧表示
mysql> select user,host,password from mysql.user;
+——————+———–+——————————————-+
| user | host | password |
+——————+———–+——————————————-+
| root | localhost | ************************** |
| root | 127.0.0.1 | ************************** |
| root | ::1 | ****************************** |
| debian-sys-maint | localhost | ******************* |
| phpmyadmin | localhost | ********************* |
+——————+———–+——————————————-+
5 rows in set (0.00 sec)

●データベース一覧表示
mysql> show databases;
+——————–+
| Database |
+——————–+
| information_schema |
| mysql |
| performance_schema |
| phpmyadmin |
+——————–+
4 rows in set (0.00 sec)

mysql>

 

Linux MySql PHPMyAdminの設定

LinuxBean(V14)にてMySqlをインストールした。私のようにコマンドラインが得意じゃない人間には、phpMyAdminというGUIツールを使った方が良さそうなので、その設定などを備忘録に記載する。

あるサイトから、下記をインストール
$ sudo apt-get install mysql-server
$ sudo apt-get install apache2
$ sudo apt-get install php5
$ sudo apt-get install phpmyadmin
$ sudo ln -s /usr/share/phpmyadmin /var/www/html/phpmyadmin

で、http://localhost/phpmyadmin で、MySQL に接続できるとのこと。

しかし、エラーがでてインストールできない。結局ルート権限でやったら進むことができたという初歩的なミス。
そして、phpMyAdminにアクセスすると、「mysqli 拡張がありません。PHP の設定をチェックしてみてください。 See our documentation for more information.」のエラー

ここからが時間がかかった。

php-mysqlをインストールすれば回避できるとの情報をみて、
yum -y install php-mysql

レポジトリが無いよってことで、インストールできない。
レポジトリの追加は、のちのち時間のある時にしらべて記載するが、GUIからパッケージマネージャーからも追加や削除ができるのを見つけた。
しかし、今回は、下記のコマンドでインストールできた。

sudo apt-get install php5-mysql

さて、phpMyAdminにアクセスするために、アパッチの再起動だって通常のようにやったら存在がないというのでエラー

service httpd restart
/etc/rc.d/init.d/httpd restart
/usr/local/apache/bin/apachectl restart
エラーなので、よくみたら、apache2のようなので下記のようにした。
/usr/local/apache2/bin/apachectl restart

でもダメ。結局下記が正解だったようだ。

/etc/init.d/apache2 restart

さてphpMyAdminにアクセスしたが・・・。
まだ、エラーは消えてないが、ログイン画面がでている。また、のちに記載する。