windows7のwindowsupdateが実行できないときの対処

windows7のwindowsupdateが実行できないときの対処

①Cドライブのディスククリーンアップ
システムクリーンアップとwindowsupdate系のファイルの削除
②コントロールパネル→管理ツール→サービス
→windowsupdate右クリック→停止
③C:\Windows\SoftwareDistribution\Downloadのフォルダの中身をすべて削除
④C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStoreのDataStore.edbを削除
⑤コントロールパネル→管理ツール→サービス
→windowsupdate右クリック→開始
⑥再起動
⑦windowsupdateの実行
(これでできない場合は、最新の更新を1つダウンロードインストール)

SQLserver viewテーブルの更新について

viewで出力したデータは、見るだけのもので更新用にしてはダメだという記述がどっかにあった。
Accessなどでリンクテーブルを張ると最初から更新できませんエラーがでるのでできないのかと思っていた。
※結論的には入力はできるが別のレコードに移動するときにエラーになります。

しかし、viewとテーブルをAccessのクエリで結合させて、テーブルの方にデータをいれるような仕組みの時に、なぜか更新できないエラーがでた。

結論的には、viewに主キーがないので更新ができなかったようだ。

リンクテーブルを張る時に、固有レコードの識別子の選択というのがあった。
今までは普通に設定しないで飛ばしていたが、ここで選択することで、Accessのリンクテーブル側では主キーになっている。

これで、Access側でクエリにて結合させても、結合したテーブルの方は、データの更新ができるようになった。

SQLserver Accessにて「このレコードセットは更新できません」

SQLserverの方で主キーが設定ないとリンクテーブルにはったAccessの方で更新ができないエラーが発生することは分かっていたのですが、しばらく使ってないとまた同じような状況に出くわす。

今回もAccessにて「このレコードセットは更新できません」って怒られた。

主キーを設定して、やってみたが相変わらず直りません。

そこで、リンクテーブルを削除してリンクを貼り直したらすんなりいい子になった。

そうなのね。

Windows Defender 更新できないのでリセットする

コマンドプロンプト(管理者権限で起動しないとエラーでる)を起動。以下コマンドプロンプトのコマンドです。

cd c:\Program Files\Windows Defender
MpCmdRun.exe -RemoveDefinitions -All

コマンドプロンプトを終了しWindows Defenderを起動。
更新タブを選択し、定義ファイルの「更新」をクリック。