SoftetherVPN ポートの関係

普通にWindows10にソフトイーサクライントをインストールして設定すると、SKYPEが接続きれたり、インターネット接続が不安定になったりする。その原因を解消に役立つ情報を掲載する。

まず、ポートが、通常だと、443になる。
このポートは、結構使われているポートであり、SKYPEなども使っているポートなので不安定になるようだ。

なにで、サーバー側を、50000台のポートを解放して接続すると、クライアント側で、警告でNAT接続でしているよって通知がでる。それを調べると、不安定なこともあるとかないとか。

そこで、サーバー側のポートも解放して、クライアントから接続すると、そのメッセージもでなくなる。つまりは、NATを使わなくても接続が可能になったということだ。

次に、インターネット接続がおかしい。
VPN接続を切るとまともに表示がされる。VPNがいたずらしているらしい。

そこで、調べると、VPNプロジェクトの方に記載あった。
これをすればネットワークアダプタの優先順位が変わり解決するらしい。

以下転記

VPN Client の仮想 LAN カードに関する Windows のネットワーク接続設定の TCP/IP (IPv4) の設定を開いてください。
「インターフェイスメトリック」がデフォルトで「1」に設定されています。これを「1000」などの大きな値に変更すれば、物理的な LAN カードのほうの優先順位が高くなります。こうすれば、オフィスのプライベート IP アドレス宛のパケットだけが VPN 経由で流れるようになり、インターネットへのアクセスは自宅の物理的なネットワークを経由して行なわれるようになります。
なお、この問題を解決するために、VPN Client の接続設定における、「ルーティングテーブルの調整処理を行なわない」を有効にしてはいけません。これは効果がないばかりでなく、VPN 通信が大変不安定になる原因になります。この項目の意味がわからない方は、決して有効にしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください