Raspberry Pi3 Model B 初期設定(追記)

NOOBSってのを使ってインストールしようとしたら、3回も失敗して、Windowsのdiskpartをつかってパーテーションの解放をした。

メモリの相性がっていう書き込みがあったので、メモリを2種類購入して実験しようとしましたが、そういえば、前回はやったときは、DDとかいうソフトをつかったな~~~ってことで、ダメだったメモリで再度チャレンジ。結果は見事に起動成功

つまり、
RASPBIAN JESSIE

ってほうをダウンロードして、解凍して、DD.exeってのを使ってメモリに書き込めば問題ないようだ。

だたし、DDってのが、メモリを認識してくれないっていう落ちもあったが、exeファイルを右クリックして、互換性を(windowsXPSP3)にして起動したら、認識した。

あとは、やきこんで、Raspbrry pi3 に差し込めば何もしなくても起動してGUI画面が出た。

パーテーションの削除

コンピュータの管理で削除できない場合の対応

Windowsキーを押しながら「R」を押す
「cmd」と入力してエンター
「diskpart」と入力してエンター
「list disk」と入力してエンター
削除したいディスクを確認する(ここで間違えると他のディスクが空になるので注意)
「select disk x」と入力してエンター(xはディスクの番号)
「list partition」と入力してエンター
削除したいパーティションを確認する(ここで間違えると他のパーティションが消えるので注意)
「select partition x」と入力し、削除したいパーティションを選択(xはパーティションの番号)
「delete partition override」と入力してエンター

Raspberry Pi3 Model B 初期設定など。

前回2の時にOSのインストール方法などを記載したとおもいましたが、忘れたようです。

それともこの備忘録は勝手にきえるのか!?

とにかく、3を買って、今回も面白い事をやろうとしているので忘れないように書いておきます。

まずはOSのインストール。

あるページを見ると、OSをダウンロードしてから、DDWin.exeにてマイクロSDカードにイメージを書き込みなさいというようなアドバイスがあったが、まったく違うようだ。手順は以下のとうり。

(1)OSになるデータをダウンロード

NOOBS

のページから、NOOBSをZIPでダウンロード解凍

(2)その解凍したファイルをSDカードに全てコピー

(3)Raspberry pi3 を起動すると勝手にインストール画面がでる。

(4)言語を選択して、一番上の Raspbian を選択して install をクリック

追記)
OSのインストール方法は次の2つの方法があります。
NOOBSを使用してインストール
OSイメージからインストール
NOOBSは様々な種類のOSがパッケージされており、Raspberry Piを起動してインストーラーからインストールしたいOSを選択するだけの簡単なツールです。

ってことです。